ユニコーン ツアー2009 蘇える勤労

2009年5月19日(水)
日本武道館

今年の初めユニコーンの活動再開の発表があった時、正直複雑な心境でした。
昨年の奥田民生氏の活動がすんばらしく良かったもんで
“ユニコーンより奥田民生(MRT&Yで)をもっと聴きたい!”というのが本音でした。

でも、私がユニコーンを聴きはじめた頃にはすでに解散していたとはいえ
ユニコーンを経て奥田民生ワールドにはまったわけだし
その頃の曲をどんな風に歌うのか聴いてみたくもあり
最初は、“ま、1回くらいライブ行ってみるかな”と高飛車な考え。

しかーし、新しく出たアルバムを聴いて、アルバムに付いてたDVDでレコーディング風景を見て
“何がなんでも行きたいっ!”に考えが変わりました。
ま、チケットが最後まで自力では取れず、人生初の人から買うという行為に出ましたが(汗)

b0046148_1429998.jpg
そんな思いでやっと辿り着いたぶどうかーーーーん!

b0046148_14292839.jpg
ツアートラックって、なんだかワクワクします。

b0046148_14294578.jpg
席はこんな感じ(始まるまで撮影OKだったので)。
ほぼ最後尾、横からの席。しかもスピーカーでDrの川西さんと阿部B氏全く見えず(号泣)
事務所社長の原田さんのブログによりますと
ここ10年くらい、ラインアレイと呼ばれるハイパワースピーカーを繋いで短冊のようにつるすシステムが開発され、劇的に武道館やドームなどの巨大ベニューの音質は向上しました。
なのだそうで…仕方ないか。
でも川西さんのドラム見るの、楽しみだったのになぁ。

ライブは、もう本当にこんな席でも(しつこい?)すごく良かったです!
この平均年齢44.4歳(だったかな?)のオッサン達、すごすぎです。
個人的には“サラウンド”という曲で鳥肌。

このツアーは何回か行きたかったなぁ。
ここに居ることが幸せで貴重なんだとしみじみと実感したライブでした。



Aパターン

01 ひまわり
02 スカイハイ
03 おかしな2人(B:スターな男)
04 ボルボレロ
05 ペケペケ(B:フーガ)
06 素浪人ファーストアウト(B:水の戯れ)
07 オッサンマーチ
08 キミトデカケタ
09 ロック幸せ
10 AUTUMN LEAVES
11 デーゲーム(B:自転車泥棒)
12 最後の日(B:ザギンデビュー)
13 PTA
14 WAO!
15 BLACK TIGER
16 R&R IS NO DEAD
17 サラウンド
18 大迷惑
19 ヒゲとボイン
20 車も電話もないけれど
21 HELLO

ENC   人生は上々だ~忍者ロック~人生は上々だ
      (他会場ではA:が忍者ロックではなく~CSA改めSMA~だったようです)

W ENC すばらしい日々
      (開店休業だった会場もあったようです) 
[PR]

by 35-lapis_lazuli | 2009-05-24 14:30 | 音楽  

<< RICOH CX1 blues.the-butch... >>