凹む…

私の会社は平均年齢異常に高いんです。でもって60代くらいの人達が話す事ってやっぱり病気や健康の事が多いんです。
今日、おじさん、おばさんの会話が何気なく耳に入ってきました。そのオヤジ(あえてオヤジと呼ばせていただきます…)めちゃくちゃ性格が悪い。で、何を言っていたかというと『認知症(痴呆症)になるのはその人の生活態度が悪いからだ』みたいな事を言ってたわけです。(まぁ、その他にもここには書けないようなひどい事言ってましたけど…)
…私は火サスのテーマソングと共に殺意を抱きました(笑)

私の記憶力は非常にあやしいので、ここから書く事はもし違っていたらすみません。

確かに頭や体を使う事はアルツハイマー病予防にとても良いとされていますし、私もそう思います。あるフォーラムでも『新しい事を・みんなで・楽しんでする』事はとても良いと、専門のお医者様が言っておられました。
でも、『人はそれぞれたんぱくの型を持っていて(血液型のようなものだそうです)、ある型の人はアルツハイマーになりやすい』とも言っていました。
もちろんそのたんぱくの型を持っているからといって、全ての人がなるというわけではありません。
これを遺伝と呼ばないのは私には難しくてよくわかりませんが、とにかく持って生まれたたんぱくの型でなりやすい人がいる。
私の母がかかっている『若年性アルツハイマー』(64歳以下で発症するアルツハイマー)は、遺伝なのだそうです。
これもやはりその遺伝子を持っていても全ての人が発症するわけではないのでしょう。母は5人兄弟ですが発症しているのは母だけです。
母は別に生活態度が悪かったわけでもなんでもなく、普通に家の事もしていたし、パートで働いてもいました。

確かにダラダラと頭も体も使わず過ごしていたら、アルツハイマー病になりやすいのかもしれません。でも、普通に、人によっては普通以上に頭も体も使っていても、なってしまう人もいる…。オヤジと同じように思っている人ってとても多いと思うけど、それって偏見だと思うんです。少しの人でもいいから解ってもらえるとうれしいなぁ…。
[PR]

by 35-lapis_lazuli | 2005-01-14 01:18 | 母の事  

<< 「魚座」は交通事故を起こしやす... みかん♪ >>