アピオス

b0046148_1664557.jpg
先日、近くの農家さんでアピオスという見た事のない野菜を買いました。なんだろう?と思って調べてみると…
アピオスは北アメリカ先住民(インディアン)の健康の源と言われたマメ科の植物です。
ただし、豆では無く地下茎のイモを食べます。
日本では『アメリカホドイモ』と呼ばれています。

アピオスは栄養的にきわめて優れた食品であり、古来強精食とされてきた理由づけをすることが出来ます。
最近、アピオスが注目されているのは、すばらしい栄養がある事が知られたからです。
『元気の出るイモ』としてしだいに口コミで広まりました。

栄養価はまさに驚異的!!
ジャガイモの30倍のカルシウム!鉄分は4倍!
エネルギーは2.5倍!サツマイモの3倍の食物繊維!
他のイモ類にはないビタミンEを含んでいます

こんな症状に期待出来るアピオス
アトピーなどのアレルギーの緩和・花粉症の予防
虚弱体質の改善・産前産後の障害を和らげます
また、HIVの増殖を抑える効果がある事がわかり注目されています
※効果については個人差があります※

アピオスは1個が約20グラムの小さいイモです。
三度の食事の中で1日に数個食べるだけで栄養バランス的には十分な量になります。
食べ方としては蒸すか煮るのが一般的で簡単な方法です。
蒸す場合は皮付きのまま七分~八分蒸し器に入れて出来上がったら軽く塩をふるとおいしく頂けます。
煮る時は水から煮るのがコツ、沸騰したお湯に入れると皮が砕けてしまいます。
お味噌汁に入れるのが簡単でとてもおいしいです。
ほお~。なるほどっ!花粉症の予防とはタイムリー。
お味噌汁に入れたら、多少の泥臭さのようなものが気になる人は気になるかもですが、私は美味しくいただきました。里芋をもう少し甘くしたような感じでした。素揚げにしてもおいしいそうです。
ただ市場であまりお目にかかれないのが難点ですよね。ヤーコンとかも、もっと手軽に手に入ればなぁ~。
[PR]

by 35-lapis_lazuli | 2006-02-24 16:21 | 食物  

<< 買い物 サイクリング♪ >>