「ほっ」と。キャンペーン

夏の大九州展

b0046148_2359212.jpg
新宿の伊勢丹で“夏の大九州展”を開催中で(20日(月)まで)、以前から是非食べてみたかった鹿児島の天文館むじゃきさんの“しろくま”を食べに行ってきました。
普通の“しろくま”もあったのですが、創業当初の“復刻版しろくま”にしてみました。

b0046148_073115.jpg
今の“しろくま”は上のイラストのように、フルーツが外にデコレーションされているんですけど、昔のしろくまはこうなっていたそうです。
ね、上から見ると“白熊”でしょ?

b0046148_074214.jpg
中にフルーツ、白豆、ゼリーが入ってます。
昔懐かしいミルク味のシロップで、1人でペロリと食べられちゃいそうだったのですが、ペース配分(笑)を考えて、お友達と半分こ。

b0046148_07547.jpg
甘いものの後にはしょっぱいものという事で(いや、絶対順番逆だな(汗))博多新風新風麺を食べました。
かなり濃厚なスープで、お腹いっぱい。大満足でした。

b0046148_0201799.jpg
チョコレートショップさんの博多の石畳は翌日食べてもしっとりと美味しくて、次見つけたらまた買っちゃいそうです。

b0046148_0203110.jpg
初日の夜に行ったのと、一緒に行ったお友達が値切るのが上手だったのとで、ここだけの話、めちゃめちゃ安くゲットできた菅乃屋さんの馬刺し。
こんな高級な馬刺しはしばらく食べられないだろうな~。

アンテナショップや物産展好きの私は、こうしてまんまとハマっていくのでありました~(笑)





b0046148_0204436.jpg
偶然なのかもしれないんですけど、九州の方では紙袋をこうやって(口の所を外側に折り曲げて)畳むのですかね?
袋として使ってる時に、口の部分が外に出ちゃったりとか、折れ線がついちゃって見てくれが悪いような気がしますが、畳んで重ねてる時にわりと平らに重ねられるとか、箱物の商品を袋の中に入れる時に引っかからずにサッと入れられるとか、利点もあるような…?
気のせい?う~ん、気になる。
[PR]

by 35-lapis_lazuli | 2007-08-19 00:34 | 食物  

<< 久下貴史 第7回個展 「猫歌い... 朝焼け >>