石川・福井 いきあたりばったりの旅~2日目~

2日目は永平寺から。

b0046148_1871586.jpg
「通り道だから寄ってみる?」くらいな感じだったのですが、実は有名な修行僧のお寺だったのですね!知りませんでした。
最初に修行僧の方が説明してくださった通り、派手さはありませんがとても造りの美しいお寺でした。行って良かった。

b0046148_1874336.jpg
傘松閣(さんしょうかく)の天井絵。
昭和5年建築当時の著名な画家144名・230枚の色彩画だそうです。
絵を傷める為フラッシュ禁止だったので、ちょっと暗いです。

b0046148_1875841.jpg


b0046148_1881328.jpg


b0046148_1882929.jpg


その後、越前和紙の里へ。
まずは“紙の文化博物館”を見学します。
大きな手漉き和紙が展示してあったりして、小さいながら楽しめます。

b0046148_1884327.jpg
“卯立の工芸館”では伝統工芸士の方が紙漉きの工程を解りやすく説明してくださいます。

b0046148_189287.jpg
マンホールも紙漉きの絵柄。せっかくなので載せておきます。
和紙の雑貨や直売のお店があり、見てまわるだけでも充分楽しかったです。

お昼はお店の方に教えてもらって、おいしいお蕎麦屋さんへ。

b0046148_1891664.jpg
手打そば 森六さんです。

b0046148_18344571.jpg
メニューが“越前おろしそば”と“せいろ”しかありません!かなり期待大。

b0046148_1893860.jpg
そして出てきたおそばを見てびっくり!
おろしそばというのはどんぶりではなく、平たいお皿に盛るのが普通なんだそうです。
そしてお茶ではなくそば湯。

二八そばなんだそうですが、もっちりとしていてすごくおいしい!
大根おろしがかなり辛めでした。

1皿では物足りない感じです。
常連さんは2皿頼んだり、お昼は済ませておやつがわりに食べるようです。
もう1皿頼めばよかったな~。

ところで、街中で“お笑いつるつるイッパイ”という横断幕を見かけて
「つるつるいっぱいって、何?」と気になっていたのですが…

b0046148_1895377.jpg
夜に福井駅の方に戻って、なんとなくの意味がわかったのでした(笑)

b0046148_1810757.jpg
路面電車の風景と

b0046148_18102084.jpg
水墨画のような風景。

(3日目に続く)
[PR]

by 35-lapis_lazuli | 2008-08-24 20:55 | おでかけ  

<< 石川・福井 いきあたりばったり... 花火 >>